2015年 4月11日(土) 短編小説として
完結致しました。

2016年 12月10日(土) 修正を加え、
日本郵便賞に応募させて頂きました。



主に葵と颯の会話文、関係、出来事を
中心に書いています。


立花 颯×日向 葵

「キミはヒマワリだったね。
いつも笑顔で明るくて、、、」

『二人に襲いかかる大きな試練、、、
颯は葵に何ができるのか、、、』

「あなたは、風みたいな人だったよ、、、」

このとき、断らなくて良かった。
断っていたら君に会えなかったんだ、、、

"ありがとう"

君の最後のことば忘れないから。



葵からの最期の手紙。
その手紙を手に颯は……



初めて書かせてもらいます。
なので、誤字脱字があると思います。
もしかしたら、読みにくいかもしれません。
その時は、お知らせください。



この作品のキーワード
日本郵便賞  白血病  恋愛  手紙  感動  病気  医者  医療