「ねえ、知ってる?B組の片桐さん、自殺らしいよ」


「えー?私は誰かに殺されたって聞いたよ?首を切られてたって」


いつもはそんなに騒がしくない朝の教室。


だけどこの日は違った。


隣のクラスの女の子が、昨夜自宅で死んでいたという話が、クラスでも話題になって騒がれていたのだ。


平凡な高校生活に降って湧いたような、生徒の死亡事件。


人当たりも良く、人気者だった片桐さんが自殺するとは、私も考えていなかった。


昨日の放課後、下校する前にすれ違った時、片桐さんはブツブツと何かを呟いていた。


真っ青な顔をして、まるでこの世の終わりみたいな表情で。


あの時、何て言ってたのか……。


特に仲のいい子じゃなかったから、気にもしていなかったけど、一言だけ覚えてる。



















「……気付かれた」


















その言葉に、何の意味があるのか分からない。


でも、昨日の夜に死んでしまったのなら、その言葉に大きな意味があったのだろうか。


「菜月、聞いた?片桐さんの話」


友達の咲良が不安そうに尋ねるけど、私は小さく頷いただけだった。












「これってさ……あの話通りになってない?」


この作品のキーワード
ホラー    学校  幽霊  高校生    ウェルザード