その後、私達も学校を出る事にした。


伊達君に鏡を向けられた時、ナニかは襲って来なかったし、朝に歯磨きをした時も現れなかったから。


「私も今日は見てないなあ。見たら殺されるってわかってるから、意識して避けてるだけかもだけどね」


真弥ちゃんもナニかを見ていない。


昨夜は、まるで私をマークしているかのようにピッタリと付きまとっていたのに。


目を覚ましてからそれが止んだ。


「でもまあ、気を付けた方がいいよね。現れないかもだけど、鏡に映らないようにさ」


「うちさ、玄関入ってすぐに鏡があるから怖いんだよー。まあ、来たらわかると思うけどさ」


一人でいるのが怖いから、今日は真弥ちゃんの家に泊まりに行くって話をしたのに……。


決定してからそんな事を言わないでよ。


だからと言って、今断るのも悪いしなあ。


「何か、お前ら見てると、本当に危険なのかわかんねえな。前田みたいになる可能性があんだろ?」


ナニかが現れない安心感から、朝みたいに鏡を特に気にする事なく、道を歩いて真弥ちゃんの家へと向かっていた。


京介は途中で駅に向かう為に別れる。


確かに私達には、危機感が足りなく見えるかもしれないけど、軽く考えてるわけじゃないんだけどな。

この作品のキーワード
ホラー    学校  幽霊  高校生    ウェルザード