「……ちゃん。菜月ちゃん!起きて!」









ゆさゆさと身体を揺すられる感覚と、大きな声で、私は目を開けた。


死んで……ない。


と、なると、あれはやっぱり夢だった。


慌ててガラス片を刺された額に手を当てるけど、何ともなっていない。


溜め息を吐いて、ゆっくりと身体を起こすと……私はブラウスを着たまま。


「え?なんで制服を……」


一体いつから寝ていたのか。


一番可能性があったのが、お風呂を上がって布団に入った時だと思ったんだけど……。


この様子だと、お風呂に入る前に寝ていたのだろう。


「ぐっすり寝てたねー。10時間くらい寝た?」


真弥ちゃんの言葉で時計を見ると、朝の7時。


準備をして学校に行く事を考えると良い時間だ。


「真弥ちゃん、夜にナニかに襲われなかった?大丈夫?」


「うん、何とかね。鏡を見ないようにしたし。また変な夢は見たけどね……」


私も夢は見た。


だけどそれは昨日とは違って、鏡に数字が書かれているものではなかった。


「……学校、行くの?行っても授業はないけど。どうする?」


「影宮さんが来てると思うから。何かを掴んだかもしれないからね」

この作品のキーワード
ホラー    学校  幽霊  高校生    ウェルザード