始まりがいつだったか、なんて…

もうずっと昔のような気がしてハッキリとは思い出せない。



気がついたら恋をしていた。


気がついた時には、心奪われていた。


自覚した時には、もうすでに手遅れで。



あなた無しでは生きていけないぐらい、

わたしの中はあなたで埋め尽くされていたの。




恋がこんなにも苦しい事を、初めて知ったよ。


愛がこんなにも暖かいこと、初めて知ったの。



あなたに出会えていなかったら、
こんな想い、知ること無かったのかな…






あなたは優しくて、冷たい人。




この作品のキーワード
切ない  勘違い  後悔  適齢期  過去  臆病  社会人  信頼  結婚  らぶらぶ