デパートで高級ブランドの化粧品販売員をしている林きよいと、パティシエの川原雅彦は、26歳。高校は別だったが、二人は赤ちゃんの頃から見知った幼なじみだ。
ある日、モテ男の雅彦から、「お客につきまとわれて困っているから、彼女のフリをしてくれ!」と頼まれたきよいは、彼の切実な声にほだされて・・・。
結局きよいは、雅彦の彼女のフリをすることを承諾していた。
彼にとって、「便利な幼なじみ」な存在から、めでたく「恋人同士」になるまでの、すれ違いなドキドキ・ハッピーエンドのラブストーリー。
自サイトとほぼ同時掲載ですが、自サイトの方が先です。

この作品のキーワード
20代後半  幼なじみ  便利な女  イケメン  モテ男 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。