「あ、岸田さん。

野上なら、係の仕事で職員室行ったよー」


柊也くんを探してキョロキョロする あたしに、豊田が情報提供。


使える…

マジ使えるよ、豊田!


それに、女子からアンチ空気ビシビシのJクラだから、めちゃ助かる!



「なんか用事ー?
戻るの遅いと思うけどー」

「マジ!?

数学 借りたかったのに…」


「あ、じゃあ俺貸そっかー?」

そー言って、返事も聞かずに机の中を探り始める。



この際(柊也くんじゃなくても)しょーがないか…

豊田とも仲良くしときたいし。




お礼を言って、自クラに戻ると…


「ねぇ深紅ちゃん、
いつもどこ行ってるの?」

「彼氏に会い行ってるとか!」


穂花と香織が、興味津々に聞いてきた。


「あ〜、コレコレ!
教科書狩りに行ってた!忘れ物多くてさ」


わざとだけど。

んでハンターランク上げて、柊也くんを捕まえる!

この作品のキーワード
片思い  初恋  幼なじみ  泣ける  切ない  高校生  毒親  野いちご大賞  不器用  透明 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。