「深紅〜!
教科書まだ返してないでしょ?
食べ終わったら一緒に行こーよ!」

「柊也くん、びっくりだろ〜ねっ!」


ランチタイム。
メーワクな提案で盛り上がる2人に…
作り笑いで軽く頷く。



柊也くんと近づく貴重な時間、
邪魔されたくないのに…


ま、自業自得なんだけどさ。





そして昼休み…

握りしめて、何気にボロった教科書を持ってJクラへ。



「柊也ぁ!
うちの深紅がお世話になりましたぁ!」


元気よく突入する香織に…

豊田と話してた柊也くんが、キョトンとした顔を向けて、その視線がこっちに移動する。


声を掛けよーとした瞬間、



「柊也く〜ん!」

隣の穂花が手を振った。



柊也くんは…

優しく微笑んで、軽く手をあげる。




胸がギュって、苦しくなった…




それは、今の柊也くんの初笑顔にめちゃくちゃトキめいたから。


ってだけなら、良かったのに…


その優しい笑顔は、あたしじゃないコに向けられてる。





昔は…

シャイな柊也くんの笑顔は、あたしにばっか向いてたのに。


今は…

笑顔どころか、手を振ってもシカトだし。

この作品のキーワード
片思い  初恋  幼なじみ  泣ける  切ない  高校生  毒親  野いちご大賞  不器用  透明 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。