翌朝、学校への田舎道を歩く。

まだ息は白くならないけど、少しずつこの町にも冬が近づいて来ているよう。

「純子」

声に振り向くと、遙香が手を振っていた。

「おはよ」
そう言うと、ふたりで並んで歩く。

朝もゆっくりなあたしだけど、今朝は少しだけ早起きした。


……お母さんに会いたくなかったから。


「宿題やってきた?」
遙香がいたずらっぽくあたしを見た。

「うん」

「そっか、エラいぞ」

遙香は同い年なのに、お姉さんみたい。

いつもあたしをフォローしてくれているような気がしている。


お母さんのこともいつか相談してみたいけれど、さすがに重すぎるよね……。

この作品のキーワード
どんでん返し  444  呪い  恐い  いぬじゅん  屋上   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。