それからというものの、俺はバイトの日が待ち遠しくなった。


彼女がまた、いつ来るかとワクワクしていたから。


そして今日もバイトだ。


紘平「今日も来るかな…」


俺は窓の向こうをみながら囁いた。


浩輔《誰が来んの?》


そう聞いてきた浩輔。


紘平「聞こえてたのかよ」


浩輔《いや、席前後で窓側なんだから聞こえててもおかしくねぇよ(笑)》


浩輔はそういいながら笑ってた。


浩輔《で?誰が来んの??》


そう言ってニコニコと笑って俺を見て来る浩輔。


紘平「んなこと、どうでもいいだろ!」


俺は適当にあしらおうとそういった。


浩輔《あぁ!あしらおうとしてんだろ!そうはいかねぇからな!》


くそ、ばれてたか…

この作品のキーワード
初恋  パン屋  ドキドキ  恋愛  高校生  可愛い  好き