こんな偶然ってあるのか?
俺は自分の目を疑った。

新幹線を待つ列で肩を小刻みに震わせてる女が
俺の前に立っていた。
大方男にでも振られたか?・・・振られたんだろうな
本人は気付いていないかもしれないが
かなり目立っている。
この女がこのまま新幹線に乗って何処まで行くかわからないが
相当目立つに違いない。
知らない女だしそのまま知らん顔したって構わなかったが
何を血迷ったか俺は後ろ姿の見知らぬ女に声をかけていた。

「こんな状態で新幹線に乗るのはやめたほうがいい・・・」
俺は女のボストンバッグを持ち、女の手を掴んだ。
そして振り向きざまに涙でぐしょぐしょの女の顔を見た途端
俺は自分の目を疑った

おい、おい・・・嘘だろ?

この作品のキーワード
元彼  再会愛  遠距離 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。