「あ、マルっ。おはよー!」



いつも通りの朝、いつも通りの時間。

そしてやっぱりいつも通りの駅のホームで、友達である里菜が、私を呼んだ。


丸岡、私の苗字。

だからみんなには『マル』とか『マルちゃん』とか呼ばれてる。

どこにでもいる平凡な、高校一年生。

取り柄は、いつも元気なことくらいだ。


私はあくびをしながら、「おはよー」と返した。


里菜の横には、静かにスマホを叩くチョコちゃんがいる。


寺橋千代子だから、チョコちゃん。


でも本人はチョコというほど甘い性格はしてなくて、どちらかというとビターな感じ。


里菜とチョコちゃんと私は、よく一緒にいるメンバーだ。

だから今日も問題なく、いつも通りの顔ぶれで、私たちは電車を待っていた。


この作品のキーワード
先輩  年の差  ツンデレ  ラブコメ  高校生  イケメン  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。