その後、無事駅に届け出ることができた。


女性は最後まで、私とイケメンさんにお礼を言っていた。

やがて女性が去っていくと、ふたりでバス停まで歩く。


その間は無言だったけど、別に苦ではなかった。


一緒に痴漢を撃退したひと。


そのくらいの関係だし、それまでの関係だろう。寂しいけど。だってイケメンだし。


それにしても、どこの高校の人なのかな。

学ランはこの辺りの高校では珍しくないし、見分けがつかない。



「...あ、あのー....」



せっかくだしと思って、高校名だけでもと、口を開く。

けどそのとき、ちょうど地面の段差があって、足がつまずいた。


やばっ....と思ったときには、もう遅い。


べしゃっとハデに転んで、地面にダイブしてしまった。


この作品のキーワード
先輩  年の差  ツンデレ  ラブコメ  高校生  イケメン  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。