「何だか騒がしいね」


次の矢をつがえようと優雅に伸ばした手が、ふと止まった。

ふと目をやった障子の外を眺めてゆるりとつぶやく。


「おや、あれは何?」

「あれ、とは何でしょう、若さま」


ちょうど廊下を通りかかった女中にたずねられて、“若さま”と呼ばれた男――紫焔(しえん)は形のよい顎をかるく上げて外を指し示した。


「ほら、見てごらん。あそこの木」


庭の大きな木の、葉が落ちた高い枝の先に垂れ下がるのは、何やら色とりどりのもの。

風にあおられて、ひらひらとなびいている。

この作品のキーワード
和風  じれじれ  しっとり