第一章 お屋敷
--------------------


「沙耶さぁん、これから若さまのお部屋へ?」


廊下の先から走ってきたのは先輩の女中、桂だった。

籐カゴに仕上がった洗濯ものをせっせと詰めながら、沙耶はかるく頭を下げた。


「はい、桂さん」


衣類の入った籐カゴを脇にかかえ、掃除道具一式を持ってさっと立ち上がる。

桂は眉をさげて、申し訳なさそうに言った。


「ごめんなさいねぇ、沙耶さん。

急にお仕事内容が変わってしまって。せっかく慣れたころだったでしょうに」

「いえ、そんな……」

この作品のキーワード
和風  じれじれ  しっとり