あの3日間は、
もう夢の中の出来事のように思えていた。

季節は夏に突入し、
私は、また違う親戚の家にお世話になっていた。

お金が貯まったら、
一人暮らしをする。

これが今の私の目標だ。

お母さんへ


お母さんからはさらに遠くなりましたが、私は元気です。

家からは海が見えて
潮風が気持ちいいです。

朝は、叔母さんと漁業組合のパートに行き、昼からは、なんとお寿司屋さんでアルバイトさせてもらっているのです!

いつかお母さんにも
お寿司を食べさせてあげられるかも。

叔母さんと叔父さんは、
とっても優しくて、
はとこに当たるのかな
美結ちゃんは中学三年生で、
とってもかわいいです。

夜は美結ちゃんの受験勉強の手伝いをしています。

前のおうちのように
若い男の人がいないので、
迷惑をかけないで済みそうです。

私はここで、
出来ることを頑張りたいと思います。



この作品のキーワード
王子様  溺愛  シリアス  ラブコメ  クール  同居  同棲  高校生  胸キュン  洋菓子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。