ーー

桜の季節となってきた四月一日。

去年のクリスマスから始まった私の仕事ーー彼の部屋に監禁されるという仕事は差し障りなく続いている。

「新垣(にいがき)さん。今日、ベランダで洗濯物を干していたら、とんでもないイケメンと目が合い、恋に落ちました」

「へえ。ボールペン一本でいけるね」

「嘘です、嘘です、エイプリルフールです」


※エイプリルフールでも許されない嘘があります。

この作品のキーワード
ヤンデレ  社畜  監禁 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。