今のお店に異動してから、もう2か月が経とうとしていた。

いつものように朝礼を終え、メガネふきを洗濯機に放り込んで戻ると、珍しい人物がお店にいるのに気付いた。


「おっ、椎名さん。おはよう」


少し薄くなってきた頭に、肉付きのいい顔。

丸っこいメガネをしている彼は、こっちの地区の地区長だ。

例の、フェラガモのコーナーに鴨の置物をしたひと。


「おはようございます」

「最近頑張ってくれてるんだってね。矢崎くんの報告書に載ってたよ」

「へっ」

「先月の書類の『店の改善点』の欄に『椎名初芽の再教育』って書いてあったときは笑ったけどね」


俊め……そんなことをわざわざ書類に書いていたとは。

それだけ、最初の私はお店の役に立っていなかったってことなのね。

まあ、今は改善されたと報告してくれたならいいか。


「新しいディスプレイもいい感じじゃない。この調子で頑張ってね。ええと、では……」


地区長は、たまに各店の見回りにくる。

心配していたディスプレイは、あっさりお気に召したみたい。

それよりも重要な仕事があるようで、地区長は顔から笑顔を消し、杉田さんの方へ向かっていく。

肩を叩かれた杉田さんと地区長は、一緒に寮へ上がっていった。

何か重要な話があるのかな。


この作品のキーワード
ほのぼの  意地悪  メガネ男子  年上  上司  オフィスラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。