「椎名!ちょっとこっち来い!」


異動翌日、早速鬼面の矢崎店長に加工台の裏に呼ばれてしまった。

初日はそれほど忙しくなく、接客もしたけれど、無事に終えることができた。

はずだったんだけど……。


「お前はアホか!これをそのまま頼んだら径が足りねえだろうが!」


けい?なんのこと?

ぽかんと店長を見上げると、盛大なため息を吐かれた。


「いいか、このレンズの直径は、この度数だと70mmしかねえんだよ」

「はあ」


お客様がいないのを良いことに、店長はべらんめえ口調でまくしたてる。


「でもこのお客さん、PDが狭いだろ?なのにお前が、こんなでかいフレームすすめやがっただろ?だから、これだと径が75ねえと足りねえんだよ」


……つまり、顔が小さくて目と目の距離が近いお客様が、大きなメガネを選んでいった。

けれど、そのお客様の度数(強度の遠視)だと、レンズの直径が普通より小さくなってしまう。

で、加工の段階でレンズの中心を黒目の位置に合わせると、レンズが小さくて、耳側が足りなくなってしまう……結局、削れないからメガネが作れないということみたい。


「お前さ、径の計算の仕方くらい教えてもらわなかったのか?」

「すみません」


教えてもらったっけ。覚えてないってことは、教えてもらってないのかな。

お客様は、おじいちゃんで強度遠視と乱視で、ものすごい度数だった。

前の店では、少しでも面倒くさそうなお客様は、全部おじさん社員さんたちに丸投げしてたんだよね。


この作品のキーワード
ほのぼの  意地悪  メガネ男子  年上  上司  オフィスラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。