翌日の日曜は何もなく無事に済んだ。


「何度言えばわかるんだよ。いくら手元を見やすくって言われたって、こんな強い加入度入れたら、歪んで使えないに決まってるだろ!」


月曜。

難しそうな視力のお客様の検眼が終わった途端、店長に呼ばれて小声で叱られた。

私は慌てて戻り、仮枠のテストレンズを入れ直した。

見えるメガネと、使いやすいメガネは違う。

限界まで見えるようにした度数より、少し軽めにしておいた方が使いやすいということもあるので、お客様と相談して決めなければならない。


「あ~、この方が歩くのは楽だねえ~」


杖をついたおじいちゃんは、軽くした遠近両用の度数で納得してくれたみたい。


「新聞を読むには、遠近じゃなくて、お手元専用の方が見やすいですよ」

「老眼鏡ってこと?」

「そうですね。歩くときには外していただかないといけませんけど」

「そうだよねえ。じゃあ、老眼鏡も作ろうかなあ」

「かしこまりました。ありがとうございます」


やった。二本同時販売。

おじいちゃんは遠近両用とお手元用の二本のフレームとレンズを決めると、満足そうに帰っていった。


「ボケたおじいちゃんをだまして二本も買わせて、はっちゃんも鬼になったよね~」


早速レンズ注文をする私の後ろから、平尾さんがいつもの嫌味を。


この作品のキーワード
ほのぼの  意地悪  メガネ男子  年上  上司  オフィスラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。