side 和泉蒼空





アイツ、倉橋を僕の部屋に招き入れてから、数日が経った。



日常は変わらない。



僕はいつも通り、教室の隅や中庭で本を読んでいて。


倉橋は相変わらず、僕のストーカーのままだ。



「和泉くーん!」



まず、コイツにストーカーされるのが日常になっていることが。


何より悲しくて仕方ない。



「……何?」


「見てみて、これ! 昨日、和泉くんに合うなぁと思って買ったの!」



そう言った倉橋が差し出したのは、薄青と紺のストライプなブックカバー。



へぇ……倉橋にしては、いいものを選んだじゃん……。



「和泉くんにあげる! 私は本なんて、漫画ぐらいしか読まないし……。」





この作品のキーワード
  一粒    正反対  日影  日なた  暴力  ナノカ