side 和泉蒼空





本当に最近、僕はおかしいのかもしれない。



「お前……この前、しずくの電話に出た奴だな?」



倉橋が落としていった携帯。


それを拾ったところで掛かって来た電話の相手は、あの〝大ちゃん〟だった。



彼氏にDVをされていると聞いて、1番気にするべき人物はコイツ。



迷うことなく電話に出た。


すると何故わかったのか、相手は僕が声を出す前にそう言って来たんだ。



本当にコイツにDVをされているのなら、学校内にも倉橋の見張り役とかがいるのかもしれない。



「今日の夜8時、オレの家に来い。」


「は?」


「いいもの見せてやるよ。しずくもいるぜ。」





この作品のキーワード
  一粒    正反対  日影  日なた  暴力  ナノカ