≪5作目≫

ぼくの一生を語ろうと思う


どうか、そこの君


ぼくを見届けて欲しい

この作品のキーワード
短編  絵本  童話