「なんだよ。入れよ。」


俺んちまで来ると、急に足が止まる夏音。


「彼女でもない私が、男の人の家に入るのは

非常識。帰る。手、放して。」


ここまで来て、帰るってか?

「夏音が入らないって言うなら

俺、今ここで強制的に、担ぐけど?」


そんなこと流石に出来ないけど。

そう言ったら、やっぱり夏音は黙る。


そのまま、引っ張り部屋に入れる。


この作品のキーワード
浮気  短編  甘々  仲直り  親友  切ない