「…は、何で。」

何で俺が結婚なんて。

冗談じゃない。

好きな事も出来なくなって

やりたく無いことをやらなきゃならなくなって。

窮屈になるだけじゃないか。

「これはもう決定事項だ。お前は黙って従え。」

目の前では偉そうに踏ん反り返ってる父親。

昔からそうだ。

俺の意見は、聞く気が無い。

久々に呼び出したと思えば、変な事を。

「…」

なんで。

世の中の結婚してる奴らとか付き合ってる人がいる奴らの考えが分からない俺が。

結婚なんて。

もっと、俺以外に結婚を望んでる奴らなんてたくさんいるだろう。


ため息をついた。

面倒くさい。

本当に面倒臭い。

女なんていらないし、必要もしてないのに。

それにいざとなれば、その辺の女なんてごろごろくっついてくる。

…今までそうだったし。

会った事も無い女といきなり結婚?

しかも高校生?

黙ってどう断るか、考えていると。

目の前にいる父親が、俺によく似た顔を歪ませながらため息をついて。

「何を考えてるのか知らないが、さっきから言ってる通りお前に拒否権は無い。明日は、結納だ。会社は休んで主席する事、いいな。」

は?

何でそんなくだらない事のために会社を休むんだ。

冗談じゃない。









この作品のキーワード
年の差  切ない  クール  大人な恋  すれ違い  男目線  ブルー16  政略結婚  恋愛結婚  本当の恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。