別に。

瀬川の言った事なんて全然気にしてない。

車を運転しながら。

必死で心の中で自分に対して言い訳をする。

『お前の事、瑞紀ちゃん、学校でどう言ってんだろうな。』

本当に。

どうでも良い。

『瑞紀ちゃんが、お前の事ちゃんと想ってたらお前の事旦那だって言ってるはずだよな。』

気にしてなんか。

全然無い。

『瑞紀ちゃんとそう言う話するのかよ?』

だから。

瑞紀を学校に迎えに行こうと車を走らせてるのは。

けっして、それを確かめるためでは無く。

ただの気まぐれだ。

この作品のキーワード
年の差  切ない  クール  大人な恋  すれ違い  男目線  ブルー16  政略結婚  恋愛結婚  本当の恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。