詩とか、掌編よりももっと短い散文をつないで、日記状の物語を綴る。