「おっはよーっ!」

「おはよう、3人とも」

「お?はよ、明美、真理!」

「おはよぅ~!」

「あぁ、おはよう」


真理が元気に挨拶して、次に私。


いち早く振り向いて笑顔を見せたのが広樹で、私に抱き付いてきたのはここあ、最後に微笑んだのは智哉。


皆いつもと変わらない。


皆生きてる。


それが嬉しくて無意識に笑顔になる。


「あれぇ、明美ちゃんなんか嬉しそう!
何かいいことあった~?」

「んーん、なんにも。
楽しいなって思っただけよ」

「………うお、明美がデレた。
明日は雪だな」

「広樹?何か言った?」

「いえ、何も!」


そうよね。こんな時期に雪なんて降るわけないよね。


私が睨み付けたら、広樹はぱっと笑顔になった。


目が泳いでるし、笑ってないけど。


やっぱり友達かぁ。


少し悲しいけど…でも、死んでないんだから。


良かったよね。



この作品のキーワード
ホラー  呪い  いじめ  復讐  高校生  学校  切ない  泣ける  恋愛   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。