「どうか、よろしくお願いします!」


大声で言って頭を下げる私を、その人はしばし無言で見つめていた。

定時後の自動販売機前にいるのは、まだ制服姿の私とその人だけ。


「えーと、新入社員のコだよね。確か……」


その人・柏木一(かしわぎはじめ)さんは頭をかきながら言う。

ワックスで流れをつけたスモーキーブラウンの髪が揺れる。
イケメンと評判なお顔が私の30センチくらい上にある。


「データ管理部新人の三条(さんじょう)です。三条いろはです」


「あー、そうだ、そうだ。先週、デー管にお邪魔した時、挨拶したね」


「覚えていただけ嬉しいです」


私が鼻息荒く応対すればするほど、柏木さんの表情は曇る。

……というか、あからさまに引いている。
そのくらいはわかる。

この作品のキーワード
契約  地味OL  タラシ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。