「上原さん、意識戻りましたよ!」


看護師が興奮を隠しきれない様子でこちらへ駆けてくる。

ソファに体を預けうなだれていた俺は、それを聞いてガバッと体を起こした。
顔を上げたのは何時間ぶりの事だったか、すぐに思い出せない。

いつの間にか完全に夜の気配は消え去って
待合室は優しい朝の光で満たされていた。


「本当か!?」

「はい。でも、診察が終わるまでもう少し面会はお待ち下さい」


俺は返事をするのも忘れて、再びソファに倒れ込んだ。

一晩中気を張っていたせいで、体は極限まで疲れ切っていたが
そんな事はどうでも良かった。
何もかも関係なかった。



「よかった……」



無事の知らせにただただ安堵して、また涙腺が緩む。
久しぶりに深く呼吸が出来た。
澄んだ冬の空気は、ゆっくりと全身を巡る。

早く顔が見たい、と思った。

この作品のキーワード
オフィスラブ  切ない  純愛  上司  初恋  元彼  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。