――――「ん……っ」


上半身にかかっている重い何かと春の太陽の柔らかな光によって、倦怠感と眩しさを感じた私は、重い瞼をゆっくりとあげた。

あれ……私、昨日―――


「ひ……っっ!?」


起きて1秒後。

私は視界に飛び込んできた目の前の光景に、起きたばかりでボケていた頭を覚醒させた。

ひゃあ!?という言葉にならない悲鳴を、なんとか口に手を添えたおかげで心にググッと押し戻す。


(なっ、何で岩崎先生が目の前にッ!?)


私の隣ですやすやと眠り、端正な寝顔を私に向けている岩崎先生を前にして、私は衝撃で固まる。

心臓をグッとつかまれて、息ができない。

どうしよう、何でこうなってるの、昨日はいったい何があったの。

次から次に疑問は生まれるけれど、そんなことを言ったって、眠っている先生がその答えを教えてくれるはずもない。



この作品のキーワード
医者  薬剤師  極上男子  3高  あまあま  強引  一途  じれじれ  溺愛  鈍感 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。