───────


「…お前なんてうまれなければよかったんだっ!」



っは…!うっ、イヤッ…やめて…!



「お前なんてイラナイっ!」


いやっ…嫌だ嫌だ嫌だっ…

「イヤァァァァァァッッ!!」



うぅ….っはぁ、はぁ…



今日も、か。



カーテンを開けるとまだ空は暗くて。窓を開ければ少し冷たい風が吹いた。


髪は汗で額にべったりくっついて、体は小さく震えて。



もう寝れそうにないな…。




諦めて、シャワーを浴びに浴室へ向かう。少しぬるめの水が冷たくて心地いい。



昨日も入ったから、軽くでいいや。そう思い手早く済ませる。



…正直お風呂は好きじゃない。私の体は汚くて。体中に痣や傷がびっしり。お風呂に入れば嫌でも思い出してしまうから。



こんな悪夢のあとなんかに、本当は入りたくないけど。















この作品のキーワード
元姫  裏切り  暴走族  真実    いじめ  現姫    過去 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。