───────ガラッ



白牙の倉庫より大きくてきれい…


「「総長!副総長!お疲れっす!」」

「ん。」


「お疲れ〜」


二人が軽く返事をし、中へ進んでく。朔夜さんは私の手を握っててくれた。

ホント優しいな…でも私は自分の立場が分かってなかった。

「総長!その女は白牙の元姫じゃ…」


「隼人。話がある。仲間を集めとけ。」



言い終わるまえに朝陽さんが遮った。


‘‘白牙の元姫”



下っ端の言葉に冷汗が流れる。

この作品のキーワード
元姫  裏切り  暴走族  真実    いじめ  現姫    過去 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。