ガツガツと。

丈一郎は一心不乱に私の作った朝食を食べる。

無理もないわよね。

四日間も飲まず食わずだったんだから。

「さて丈一郎、食べながらでいいから聞いてくれ」

お爺ちゃんは、顔も上げずに食べ続ける丈一郎に向かって言う。

「これで君は調息法を使えるようになった。だが、『使えるようになっただけ』だ」

「……!」

その言葉で、丈一郎の視線がお爺ちゃんに向く。

「一朝一夕で完全にマスターできるほど、調息法は甘くない。君はまだ、調息法の入り口に立ったに過ぎない。使いこなし、真に調息使いと呼ばれるにはまだまだ未熟」

この作品のキーワード
調息法  化け物  邪悪サーガ