お爺ちゃんと丈一郎は、棺を凝視する。

「他の者はこの遺跡から立ち去ってもらおう」

言い放ったのはお爺ちゃんだ。

「ここにいれば命の保障がないのは無論の事…『奴』に体液を吸われて不死者となり、これ以上我らの敵が増えるのは御免蒙る」

「あ、アンタ達は一体…?」

何が起きているのか理解できない調査員達に対し。

「いいから出て行けってんだ化け物に食い殺されっちまいてぇのかガァァアァアァアァァッ!」

半ば脅迫ともいえる発言で怒鳴り散らす丈一郎。

数十人いた調査員達が、蜘蛛の子を散らすように逃げ去っていったのは言うまでもなかった。

この作品のキーワード
調息法  化け物  邪悪サーガ