***


週が明けて一日過ぎていくたびに胸のどきどきが強くなっていった。

休日がきたら専務と一緒に出掛ける。それを想像して浮かれている自分。

お決まりの漢字ミスはしないよう気をつけてはいたけれど、ドジが炸裂した。

コピーの枚数を間違えてしまったり、書類を落として拾おうとしたら踏んで滑ったり。

悠悟にとても呆れられて馬鹿にされたけど、姉のことを口に出したら黙った。それがおかしかった。

休憩スペースにいるとき、姉にもうひと押ししたほうがいいということを教えてあげたら、気恥ずかしいのかむすっとした顔をされた。


うきうきして、和やかになって、そわそわしてという忙しい日々。

そんな週の半ば。勤務時間が終わって少ししたころ、専務から着信があった。

まだデスクにいたわたしは気づくのが遅れて、切れてしまった携帯を持って急いで通路に出ると、電話をかけ直した。

「す、すみません、沢倉です」

沸き上がる嬉しさと、高鳴る胸。
まだ声も聞いてないのに頬が火照ってきた。

『まだ仕事が終わっていない?』

「いいえっ。気づくのが遅れてしまっただけです」

『そうか。なら、七階まで来てくれるか? 耀太が君に会いたいらしい』

専務がそう言ったあと、離れたところから「優奈ちゃんっていう人!」という声が聞こえた。

わたしの頬が緩む。

この作品のキーワード
オフィスラブ  専務  年上  優しい  溺愛  OL  ときめき 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。