弱冠10歳にして大企業を背負うことになった新藤一輝は、
その重さを受け止めかねていた。
そんな中、一人の少女に出会い……。

大企業の御曹司一輝と、ごくごく普通の女の子弥生の恋物語です。
2015年7月20日完結しました。



第一部「迷子の仔犬の育て方」は、
一輝が弥生への想いを自覚するまで、を書きました。

第二部「眠り姫の起こし方」は、
それから3年後、
弥生が一輝への想いを受け入れるまで、を書きました。

SS「狼にお預けを食わせる方法」は、
想いが通じ合った二人の温泉旅行(コブ付き)。

SS「サラブレッドを蹴飛ばす方法」は、
二人の前におじゃま虫登場、です。

第三部「幸せの増やし方」は、
本編最終章。
一輝は18歳、弥生ももうじき社会人。
互いを大事に想い合う二人の間に不穏な影が差し始めます。

SS「キリンを大きくする方法」は、
シリーズ通してのエピローグです。

この作品のキーワード
ベタ惚れ  溺愛  逆歳の差  御曹司  少年  普通の女の子  身分差  逆年の差  幸せ  成長 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。