「ダン」


部活のメンバー達が俺とダンを次々と追い越してゆく。

寮の扉を前にして、ダンは俺より少し先を歩き、呼ばれて今、立ち止まった。


「なら、俺が今より強くなる為には、次に何をすればいいと思う?」

「…」

「次に、どういう風に、どういう路線で自分を強化したら良いのか、分からなくて…」


伸び悩んでいる俺に向かって、ダンは静かに指を差す。


「強くなりたいなら、克服なさい」


それだけを残して、ダンは寮棟の扉を開けて、階段の向こうへ消えていった。

俺が強くなる為に克服すべきこと。

それはなにか。


次の試練は、やや、……。


難易度高め。

この作品のキーワード
学園  恋愛  部活  ファンタジー  日常  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。