シャワーを浴びて、レストランに向かう

すでにお兄ちゃんはハルと一緒に朝ご飯を食べてる



そこでハルと一緒にいたパーマをかけた男性・トムを紹介
された

彼はハルのマネージャー、歳は私の2歳上、落ち着いた感じで
ちょっと冷たそうにも見える

ハルは今後困ったことがあったら、俺よりもトムに相談した方が
いいかも!?なんておどけて言ってる










で!いざ!ロンドンへ向かう


空港に着くと・・・いつもは向かうことのないカウンターの方へ



私が戸惑ってるとお兄ちゃんが・・・


「ファーストクラス取ってくれたんだって!」

「えっ!そんな!!!」

「大好きな子には最高の贅沢をさせたくなるのが男ってもんだろっ!」




・・・・それを聞いてハルが嬉しそうに微笑む


!!!!


・・・・って、お兄ちゃん!そういうことは日本語で言ってよ!

この作品のキーワード
OL  年の差  運命  プロポーズ  溺愛  身分差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。