彼女はどんな男と付き合っているのだろう。

二人きりで、どんなふうに過ごすのだろう。

彼氏の前で彼女は、どんなふうに笑って、どんな顔を見せるのだろう…。


タバコを吸いながら、無意識に彼女の事を考えている自分に気付くと、リュウトは大きくため息をついて、タバコの火を灰皿の上で乱暴にもみ消した。

(バカか、オレは?一体何考えてんだ?)

リュウトはベースを置くと、手足を投げ出すようにゴロリと床に寝転び目を閉じた。

(オレらしくもない…。)

もう考えないようにしようと思えば思うほど、その想いはどんどん大きくなって、リュウトを丸ごと包んでしまう。


この作品のキーワード
男目線  バンド  友情  切ない  ときめき  純愛  失恋  片思い  番外編  片想い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。