「とーちゃーん!!」

月曜の朝、リュウトは腹部に激しい衝撃を受けて目を覚ました。

「うおっ!!いってぇ…なんなんだよ朝っぱらから?!」

お腹の上にはハルが乗っかって笑っている。

「とーちゃん、おはよー。」

「オマエな…もうちょっと普通に起こしてくれるか…。ってか、オレ、今日休みだから。起こさなくていいから。」

リュウトがお腹からハルを下ろして布団に潜り込むと、ハルが小さな手で布団を引っ張る。


この作品のキーワード
男目線  バンド  友情  切ない  ときめき  純愛  失恋  片思い  番外編  片想い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。