久し振りに会うトモキは、前のようにぼんやりはしていなかった。

でも機嫌は良いので、彼女とうまくいっているのだろう。

「あれから、うまくいってんだろ?」

「うん。」

「そうか。それは良かった。」

リュウトがタバコに火をつけると、トモキはそれをじっと眺めながら呟く。

「なぁ、リュウ。やっぱりさ、彼氏が学生だと頼りないのかな…。」

「なんだよ突然?」

この作品のキーワード
男目線  バンド  友情  切ない  ときめき  純愛  失恋  片思い  番外編  片想い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。