数日後。

夕方、珍しく客足が途切れ、予約客もなかったので、ルリカがハルを迎えに出かけた。

リュウトがぼんやりとイスに座ってコーヒーを飲んでいると、店に一人の若い女性が入ってきた。

「すみません…予約してないんですけど、大丈夫ですか?」

「いらっしゃいませ…どうぞ。」

初めての客を珍しく思いながら、リュウトはその女性客をシャンプー台に案内した。

シャンプーを終え、女性客の濡れた髪をタオルで拭いていると、ハルを抱きかかえたルリカが帰ってきた。

「おかえり。…ハル、どうかしたのか?」

「ちょっと熱があるみたいなんだよね。リュウト、あと頼むわ。」

この作品のキーワード
男目線  バンド  友情  切ない  ときめき  純愛  失恋  片思い  番外編  片想い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。