「もうすぐライブやるんだ。」

「へぇ、そうなんだね。トモくん、ドラムやってるんでしょ?」

「うん。だから、しばらくは練習で忙しくなるかも…。」

「うん。頑張ってね。」

トモキはアユミの部屋で、いつものように二人でのんびりと過ごしていた。

最初の頃は部屋で二人っきりになる事にさえドキドキしていたトモキも、最近はこうして二人っきりで過ごす何気ない時間に安らぎを感じる余裕のようなものが出てきた。


この作品のキーワード
男目線  バンド  友情  切ない  ときめき  純愛  失恋  片思い  番外編  片想い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。