ヒロが来店してから、毎日リュウトは一人で考えていた。

このままここで、美容師の仕事のかたわら、バンドを続けていくのか。

それとも、今までの自分を捨てて、ヒロについてロンドンに行くのか。

(はぁ…。いきなりそんな事言われても、オレ英語とか全然しゃべれねぇし…。)

言葉の問題も気になったが、一緒にバンドを続けている仲間の事や、家族の事、店の事。

自分を父親のように慕っているハルの事。

そして、彼女の事…。


この作品のキーワード
男目線  バンド  友情  切ない  ときめき  純愛  失恋  片思い  番外編  片想い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。