「雨、上がったな…。」

リュウトは腕枕した彼女の髪を撫でながら、ポツリと呟いた。

「うん…。」

彼女はうつむいたまま、小さく返事をする。

「…帰るか?」

「うん…。」

服を着て荷物を持ち、部屋を出ようとした時、リュウトは彼女を抱きしめた。

「さっき言った事…本気だから。」

「……うん…。」


この作品のキーワード
男目線  バンド  友情  切ない  ときめき  純愛  失恋  片思い  番外編  片想い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。