トモキは大学を中退して、ヒロについてロンドンに行く事に決めた。

どうせ流されるだけの人生なら、どこかリュウトに似ているこの人について行って、好きなドラムを叩いて生きようと思ったからだ。

リュウトに続いて、トモキまで脱退する事になったバンドは、当然の如く解散した。

元々はトモキに集められて始まったバンドだ。

アキラもマナブも納得の上で、トモキを送り出してくれた。

カズヤとは短い付き合いだったが、快く承諾してくれた。

マナブとカズヤは、一緒に新しいバンドを結成するつもりだと言っていた。

アキラは、そろそろバンドも潮時かな、と少し寂しそうに笑った。




この作品のキーワード
男目線  バンド  友情  切ない  ときめき  純愛  失恋  片思い  番外編  片想い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。