(もしオレがヤンキーにならずに、トモみたいにまともに育ってたら…もう少しましな恋愛もできたのかな…。)

リュウトはそんな思いを打ち消すように、静かに首を横に振ってため息をついた。

どんなに悔やんでも過去には戻れない。

それは痛いほどわかっている。

やり直せないなら、すべてを受け入れて前に進むしかない。

(オレのヤンキー時代知らない酒井と偶然会って…子供の時みたいでちょっと楽しかったからって、こんな事考えてるなんて…おかしいよな…。)

この作品のキーワード
男目線  バンド  友情  切ない  ときめき  純愛  失恋  片思い  番外編  片想い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。