それからドッジボールに続いて大縄跳び、色鬼、かくれんぼ、氷鬼、鬼ごっこ、と子どもたちは思いつくままに透也と凜香をいろいろな遊びに誘ってくる。凜香がどんな誘いにも「いいよ」と二つ返事で応じるので、透也も負けじと遊びに加わった。

「きゃー、鬼になっちゃったぁ!」

 足の遅い幼稚園児にわざとタッチされて、凜香が鬼ごっこの鬼になった。

「つかまえるぞ~!」

 おどけた顔で子どもたちを追いかけている。

(なんで俺は彼女をクール・ビューティだなんて思ったんだろう。あんなにも楽しそうに笑うのに)

 透也が見ていると、凜香が小学生の男の子にタッチした。ソーラーカーを持って来たショウだ。

「次、ショウくんが鬼~!」
「待て~!」

 ショウが本気で友達を追いかけている。

「こっちこっち!」

 透也が手を振ると、気づいたショウが全速力で走って来た。

(ここは鬼を代わってやるか)

「透也くん、タッチ!」

 背中をショウにタッチされ、今度は透也が鬼だ。

この作品のキーワード
猫系御曹司  秘密の素顔  偽りデート  アラサー  年下  気まぐれ  イケメン  企画開発  できる女  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。