「笑うな…!?」

「フフッ…」
ちょっと優越感に浸る。
これは、いい情報を手に入れたわ!

その後、食べ終わると私は、そのまま自宅に帰った。
美桜の幼稚園のお迎えがあるからだ。

幼稚園に行くとすでにすみれと彩美が着いていた。
「あ、来た、来た」

「遅くなってごめんなさい。ちょっと出かけてて」

「ママ~」
私に気づくと美桜が嬉しそうに駆け寄って来る。

「美桜。お待たせ
いい子に幼稚園過ごせた?」
そう尋ねると

「うん。美桜いー子してたのよ。
ママ抱っこ~」
抱っこをねだってくる。

「はいはい。」
香月は、ベビーカーに居るので今なら抱っこが出来る。
抱っこしてあげると鈴原先生が来て

「美桜ちゃん。
あれからいい子にしてましたよ。皆を引っ張ってくれるので助かります」
そう言って褒めてくれた。

皆を引っ張る…?
どうも私が居ない時は、しっかり者に戻っているらしい。

この作品のキーワード
ラブコメ  社長  家政婦  同居  夫婦  意地悪  ツンデレ  俺様  ほのぼの  胸キュン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。